MENU

家賃の支払いに滞納したらどうなるの

「今月は買い物と飲み代でお金を使いすぎてしまい、家賃の支払いができそうにないな」という時があるかもしれません。

 

家賃滞納

家賃の支払いに遅れそうな時にまずすべきことは貸主に電話1本でもいいので相談することです。

 

そこで「いつまでに払えるか」もしくは「少しずつ払うか」など相談することが重要であり
誠意を見せることで柔軟に対応してくれる場合もあるようです。

 

 

全く連絡せずにいるとまずは電話や訪問で催促が行われ、1か月程度で督促状が届き
最終的には3〜4か月程度で強制退去となります。

 

もちろんこの強制退去の期間は貸主によって違ってきますが、半年も家賃を払わずに住める所はないと思ったほうがよいでしょう。
家賃の支払いに遅れないためには自分のお給料で支払可能な住宅を選ぶことはもちろん重要です。

 

家賃滞納してしまう前に

更に住宅は生きていくためには最も重要なものの一つであり「キャッシング」を利用してでも一時的にお金を作る必要があります。

 

万が一貸主に家賃の相談をした際にトラブルになってしまった場合は弁護士などの専門家に相談する方法もあります。
専門家に相談する際にはお金が必要になりますが、それでも最初は無料相談を行っている所が多いのでぜひ利用しましょう。

家賃を滞納しそうな時におすすめのキャッシング

家賃を滞納しそうな時に家賃一か月分のお金を借りたい時、キャッシングを利用する方法があります。

 

キャッシングを行っている金融機関はいくつかありますが、その中でも消費者金融はぜひおすすめです。
消費者金融に対して良くないイメージを持つ人もいるかもしれませんが、最近では芸能人が出演するテレビCMを積極的に行っていて知名度の高い所が増えています。

 

スピード融資

消費者金融を利用することのメリットは何と言っても「融資までのスピードが速い」ということです。

どこの金融機関でもキャッシングに申し込むと必ず審査が行われます。

 

最近の消費者金融は「審査時間30分」という所が増えており、決められた時間(ほとんどが14時)までに
申し込めばその日中にお金を手にできます。

 

一定期間無利息

更に「一定期間無利息」というサービスを行っている所もあります。

一定期間とは一週間であったり、半年であったりと様々ですが
多くは一か月間であり次のお給料で返済できれば大変便利です。

 

ただし一定期間無利息サービスは上限金額が10万円程度と少なめに設定されていたり
初めてその金融機関を利用する人限定であったり
キャンペーン中のみのサービスの場合もありますので
事前によく調べてから利用しましょう。